HOME > ディベート大会・論題策定 > 過去の論題(80年代〜00年代)

過去の論題(80年代〜00年代)

2000年代

2009年秋 (JDA) 日本国は日米安全保障条約を終了すべきである。
2009年春 (JDA) 日本政府は原則全ての企業に対してワークシェアリング又は同一労働同一賃金の原則を推進すべきである。
2008年秋 (JDA) 日本政府は核燃料の再処理を放棄すべきである。
2008年春 (JDA) 日本はカジノを合法化すべきである。
2007年秋 (JDA) 日本は死刑を廃止すべきである。
2007年春 (JDA) 国際連合は国際連合憲章を改正し、日本国、インド、ドイツ連邦共和国、ブラジル連邦共和国のうち一カ国以上を安全保障理事会常任理事国に加えるべきである。
2006年秋 (JDA) 日本はインフレ目標政策を採用すべきである。
2006年春 (JDA) 日本政府は、弾道ミサイル防衛システムの導入及び開発を一切放棄すべきである。
2005年秋 (JDA) 日本政府は, 代理出産または着床前診断を実施するために必要な法的枠組みを整備すべきである。
2005年春 (JDA) 日本政府は出入国管理関係法令を改正し、原則すべての職種で海外からの移住労働者の雇用を認めるべきだ。
2004年秋 (JDA) 日本政府は,全ての男性の正規労働者に,その子どものために育児休業を取得することを義務付けるべきである。
2004年春 (JDA) 日本・中国・韓国および全ASEAN加盟国は、自国通貨を廃止し、共通通貨を採用すべきである。
2003年秋 (JDA) 日本政府は,炭素税を導入すべきである。
2003年春 (JDA) 日本国政府は、教科書検定制度を廃止すべきである。
2002年秋 (JDA) 日本国政府は、人クローン胚の作成および人体への応用に関する規制を大幅に緩和すべきである。
2002年春 (JDA) 日本国政府は、日本国籍の取得条件を大幅に緩和すべきである。
2001年秋 (JDA) 日本国は、一般市民が裁判内容の決定に実質的に関与できるように裁判制度を変えるべきである。
2001年春 (JDA) 日本は、国際紛争を解決する手段としての武力による威嚇または武力の行使を認めるように憲法を変えるべきである。
2000年秋 (JDA) 日本政府は,全ての遺伝子組換え食品の輸入・製造・販売を禁止すべきである
2000年春 (JDA) 日本政府は、エネルギー供給のための原子力施設をすべて廃止すべきである。

1990年代

1999年秋 (JDA) 日本は、首相公選制度又は国民投票制度の導入により、国民の国政への直接的な参加を可能にすべきである。
1999年春 (JDA) 日本政府は、北朝鮮に対し、より友好的な外交政策をとるべきである。
1998年秋 (JDA) 日本政府は、個人に課される直接税の累進性を大幅に緩和すべきである。
1998年春 (JDA) 日本政府は、刑事裁判において証拠として認められる範囲を拡大すべきである
1997年秋 (JDA) [リサイクル素材の利用推進]
1997年春 (JDA) 日本国は死刑を廃止すべきである
1996年秋 (JDA) 日本国・アメリカ合衆国は日米安全保障条約を終了させるべきである
1996年春 (JDA) [安楽死・脳死者からの臓器移植合法化]
1995年秋 (JDA) [ミャンマー・北朝鮮・台湾との外交関係友好化]
1995年春 (JDA) [陪審制導入]
1994年秋 (JDA) [ダム廃止]
1994年春 (JDA) [PKO派遣]
1993年秋 (JDA大論題) [未成年への法的責任強化]
(JDA小論題) [少年法適用年齢の低下]
(IEC) [未成年への法的責任増大の是非]
1992年秋〜1993年春 (JDA大論題) [不公正商慣行の禁止]
1991年秋〜1992年春 (JDC大論題) [生物医学研究・応用への法規制]
(JDC小論題) [脳死者からの臓器移植合法化]
1990年秋 – 1991年春 (JDC) [日本の軍事的潜在力に繋がる活動の停止]

1980年代

1989 Fall – 1990 Spring (JDC) Resolved: That the Japanese Government should substantially change its foreign policy toward one or more Asian nations.
1988 Fall – 1989 Spring (JDC) Resolved: That the Japanese Government should promote environment protection by strengthening its regulation of public and/or private corporations.
1988 Spring (JDC) Resolved: That the Japanese government should geographically diversify functions located in Tokyo.
1987 Fall (JDC) Resolved: That the national government should restructure the Japanese elementary and/or secondary educational system to enhance its diversity.
1987 Spring (JDC) Resolved: That the Japanese Government should significantly decrease its control over agricultural products.
1986 Fall (JDC broad topic) Resolved: that the Japanese government should significantly decrease the proportion of energy derived from depletable resources in the national energy supply.
1986 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that the Japanese National Government should further restrict the Freedom of the Press where that freedom infringes civil right of individuals.
1985 Fall (All-Japan) Resolved: that the central government should significantly increase the proportion of its revenues derived through indirect taxes.
1985 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that the authority of the executive branch of the National Government in regulating domestic public transportation should be significantly curtailed.
parameter; administrative branch means Prime Minister and his cabinet.
1984 Fall (All-Japan) Resolved: That the Diet should change its labor laws on labor accidents and/or employment opportunities.
1984 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that the National Government should significantly strengthen policies to protect the Japanese people from foreign nations.
1983 Fall (Sophia) Resolved: that the national government should significantly strengthen the regulations on consumer goods and services.
1983 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that the National Government should significantly change its policies on utilization of land.
1982 Fall (Sophia) Resolved: that Japan should significantly alter its policies of economic cooperation with developing countries.
1982 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that Japan should take measures to mitigate trade friction with its trading partners.
1981 Fall (Sophia/All-Japan) Resolved: that the Diet should adopt a program to significantly change its policies on environmental pollution.
1981 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that the National Government should significantly reform its welfare policies for the aged.
1980 Fall (Sophia) Resolved: that the Japanese government should institute a program to significantly change its food policies.
(All-Japan) Resolved: That the Government of Japan should significantly reform its policy on grain and bean products.
1980 Spring (TIDL/KIDL) Resolved; that the Diet should adopt legislation to significantly reform the structure of National taxes.
お問い合わせはお気軽に

このページの先頭へ